« お願い | トップページ | NDS_Backup_Tool_Slot2再計測 »

NDS_BackupTool_Slot2

とっても有名な皇帝さまのツールで、有難く使わせて頂いております。
もっぱら使うのは、M3CFなんですが、コンパクトフラッシュによってどのくらいの速度でバックアップできるのか?と、以前から気になっていたんですけど、調べる余裕がありませんでした。
今更という感じもありますが、気になっていたので、やってみました。

DSブラウザ(8MB)のバックアップに要する時間をストップウォッチで計測してみると、
①10.4秒 (Transend x120 2GB)
②13.2秒 (Sandisk ExtremeIII 1GB、Sandisk ExtremeIV 2GB)
④18.0秒 (Hagiwara HPC-CF1GZ2F 1GB)
という結果に・・・
意外にTranscendの120倍速が大健闘。
SandiskのExtremeIVの266倍速を期待していただけに、ちょっと残念。それに、Transcendの266倍速は、M3CFがうまく認識してくれず断念。

Transcendの120倍速が思いもよらず高速だったので、調子にのって、アルカイック・シールド・ヒート(256MB)を計測してみると、5分10秒で終了!なかなかいい感じです。

今だと300倍速というコンパクトフラッシュもあるんですけど、266倍速の結果を見てしまうと・・・ね。

|

« お願い | トップページ | NDS_Backup_Tool_Slot2再計測 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ツボックと申します。
EVOのチ-ト変換Toolを使わせていただいております。
(最初の場所は、私の1番目の師匠から教えていただきました。)

さて、私の場合は ”1GB TEAM コンパクトフラッシュ 150倍速” を使っています。
これぐらいが限界ではないかと思います。ちなみに、トラ 266倍速 2Gも持っていますが
やはり、動かないですね。ただし、SMTのToolは問題なく起動しますが。

投稿: ツボック | 2008年9月 8日 (月) 19時45分

ツボックさん、はじめまして。
この計測でミスをを見つけてしまいました。再測定後、記事を訂正したいと思っています。
ポイントは、Transcendのx120がFATで、他がFAT32になっていたという点です。
その後、
(1) FATのクラスタサイズが大きいほど書き込み速度が上がる。
(2) ChishmさんのDLDIドライバよりもmoonlightさんのDLDIドライバの方が速い。
ということも判ってきました。

投稿: kzat3 | 2008年9月 9日 (火) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お願い | トップページ | NDS_Backup_Tool_Slot2再計測 »