« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

reset.mse for acekard2

公式に置いてある、MoonShell for AK2 のリンクをよく見ると、実は、acekard R.P.G用なんですよね。
付属している reset.mse も皇帝様作成された 06b そのものなので、R.P.GではOKですが、AK2では、リセットができないという問題があります。
R.P.Gと同じように、IOインタフェースが公開されていれば、それを組み込んでしまえばいいのですが、公開されていないので、やむを得ず、DLDI対応し、DLDIパッチをしたものを作成してみました。
(libfatにしてしまったため、ファイルサイズが肥大化するし、初期化のため遅くなるし...)
とりあえず、acekard teamが正式版を作成されるまでの中継ぎとして、お使いください。
(moonlight様、皇帝様、ソース公開ありがとうございます)

reset_mse_06b for ak2
解凍後、reset.mse を /moonshl/plugin フォルダにコピーしてください。

余談ですが、/moonshl/moonshl.iniの
[System]
....
NDSLiteDefaultBrightness=4
のあとに、
StartButtonExec=1
を追加しておくと、STARTボタンでソフトリセットが可能になります。

おまけ・・・
GBALoaderのソフトリセットに対応する、acekard2用TTMENU.DATです。

| | コメント (3)

GBA Expansion Pack

超初心者用acekard使用方法のDSブラウザ使用方法に、このブログへのリンクが張られているんですね。
(リンクそのものは、構わないけど、そこの説明と、このブログで書いていた内容が一致しないからなぁ・・・それとも違う意図でリンクしてくれたのかなぁ・・・)
説明によれば、GBA Expansion Pack(M3DS REALオプション)用ブラウザパッチは、G6Lite用を使えば、”ウマー”だそうですけど、”ウマー”なのは、M3DS REAL(M3R)を使った場合に限った話で、残念ながら、M3R以外では動作させることができません。

G6 Liteとは、仕様が異なる部分があるため、専用のパッチ対応が必要です。(M3DS REALに同梱される、Rumble RAM Packは、acekardでも、G6 Lite用で動作します)
使いたいという方(そんな人はいないと思うけど)のために日本語版ブラウザ用ipsパッチを置いておきます。
(皇帝様のGBA_ExpLoaderでソフトリセットが使えれば、パッチする必要はありません)

GBA Expansion PackのSDRAM初期化やRAM有効・無効を C言語で書くと、こんな感じになります。
(興味のある人に・・・参考まで)
もしかしたら、解析結果が間違っているかもしれません。ご指摘くださる人がいれば、いいなぁ。

| | コメント (0)

遅ればせながら、acekard2入手

takeruさんのご尽力により、acekard2に文字フォント・文字コードとして、acekard R.P.G用に用意していたものが含まれました。(でも、R.P.G用akmenu4は、更新されず・・・?)
acekard2を所有していなかったので、確認ができていませんでしたが、遅ればせながら、acekard2を入手したので、早速、文字コードの確認を。

acekard2用akmenu407(4.07a2)では、R.P.Gのバージョンと一緒ならば、文字コードの対応が一通り終わったはず(0xE5問題を除いて)・・・と、ワクワクしながら見てみると・・・日本語ファイル名・・・あれ?直っていない。

(1) 0x5C,0x7C問題 → 起動できない。”メディアの容量が不足しているので、ファイルをコピーできません”・・・?? microSDの容量は余っているけど・・・
(2) 第二水準文字表示 → 文字フォント参照計算が間違っているので、メチャクチャ
(3) 半角カタカナ → 表示されず
(4) 0xE5問題 → 表示されず

結局、acekard2のakmenu407は、acekard R.P.Gのakmenu406相当であることが判明。
パッチしないと日本語ファイル名でいろいろトラブルが発生するんだろうなぁ。(使わなければいいだけですけど)
あえて、日本語ファイル名を使いたいという場合は、

(1) 0x5C, 0x7C対策
5C 2F 3A 3B 2A 3F 22 3C 3E 7C 26 2B 2C 3D 5B 5D を探して、この先頭の5C00に変更
5C 2F 3A 2A 3F 22 3C 3E 7Cを探して、この先頭の5C00に変更
それぞれ2カ所あり、合計4カ所を変更。(前半の2つは、変更しなくてもよい)

(2) 第二水準文字違い
A0 68 08 18 10 BC 02 BC 08 47 0B 1C 35を探して、この最後の3534に変更
53 00 9B 18 9B 00 99 18 E6 E7 0B 1C 3Eを探して、この最後の3E3Fに変更
合計2カ所を変更

(3) 半角カタカナ
00 00 00 02 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 0A 3E 00 7F 00
F7 80 EB 80 EB 80 C1 80 DD 80 7F 00 3E 00 00 00 00 00 00 0A 3E 00 7F 00 C3 80 DD 80 C3 80 DD 80

を探して、この先頭から、0x1800バイトに __ak2\language\lang_jp\local.ank を上書き。

(4) 0xE5問題
大変なので保留coldsweats01

以前、作成していて、もう要らないと思っていたけど・・・。このパッチが面倒な人向け用パッチプログラムです。
Win32コンソールアプリなので、コマンドプロンプトから実行します。
解凍後、解凍したフォルダに移って

akpatch akmenu4.nds

と実行すると、akmenu4.ank と akmenu4.patch という2つのファイルができます。akmenu4.ankは、半角カタカナフォントまで含めたもの。akmenu4.patchは、半角フォントを含めないものです。どちらかを、akmenu4.nds とリネームしてmicroSDに入れてください。(お好きな方をどうぞ)
このソフトは、以前、やっつけで作成したものです。基本的に無保証ですので、自己責任でお使いください。
あと、0xE5問題はパッチしていません。

追記:
4.07a5
・同じ問題が残っています。
・lang_jpに限って言えば、language.txtとlocal.fonが更新されています。

----
と、ここまでは、公式リリースのakmenu4の話

blissさんのakmenu4がフォーラムにリリースされていますね。(この記事作成時点では、ak2_407_bliss_k02 です)
こちらは、akmenu4.ndsに対してパッチは不要です。(blissさん作成のakmenu4の方が公式より出来がいいような感じだなぁ...)
ちょっと変更するならば、公式リリースに同梱されている、lang_jpフォルダのlocal.fonとunicode.l2uを差し替えるくらいかな(半角カタカナや全角記号をファイル名に使わなければ差し替える必要もありません)。それと、language.txtは、はみ出したりするので、各自編集された方がいいかも。
参考までに、takeruさんのlanguage.txtに対して、blissさんのカーネル用に少し手直ししたものをここにおいておきます。(文字化けしたら、ブラウザのエンコードをシフトJISにして再読込してみてください)

----
文字の字体は、もう少し、なんとかしたいなぁ。

| | コメント (4)

EWIN GBA Loader v1.6 - ちょっと変更

なかなか、バージョンアップされません。EWINも修正してくるだろうと、待っていましたが・・・

暫定的にGBA Loader v1.6をDSTTで動作させるため、SDHCに特化したDLDIドライバを組み込んで、別ソフトにしていました。ただ、同一ソフトでSD/SDHCの両方を対応したいという人には不便です。

日本語化パッチ済みの(SDHC特化版ではない普通の)GBALoaderをバイナリエディタで開いて、
00029CE0 からの 02 9C 01 9A に変更して保存すれば、その修正したGBALoaderは、SDHC/SD兼用として、DSTTで使用できます。(必ず、上書きモードで編集してください)
これでもOKですけど、面倒という場合は、GBALoader_V16J02(ipsパッチ)を用意してみました。オリジナルは、各自用意してください。
(ipsパッチも面倒といえば、面倒だけど・・・。こちらは、SDHC/SD兼用パッチと、ちょっと英小文字の下が切れてしまって見づらい点の修正です)

ただ、これをやると、CycloDS Evolutionでは、パッチ前には動作したNDS-GBA連動が動作しなくなることを確認しています。対策用にTTMENU.DAT for CycloDS Evolutionを作成してみました。このTTMENU.DATは、microSDのルートディレクトリに入れておいてください。
尚、公式サイトで配布されているmoonshellに付属するreset.mseが必要です。moonshellをインストール済みでしたら、そのままで構いません。moonshellをインストールしたくない場合は、最低でもreset.mseだけは、ルートディレクトリにコピーしておいてください。(CycloDS Evolutionでバージョン表記がおかしくなっていましたが、正常な表示になります)

acekard R.P.Gは、 TTMENU.DAT for acekard R.P.Gがそのまま使えます。

皇帝様のGBA_ExpLoaderの方が高機能だから、こちらは、使われることも無さそうだけど、使えるツールはいくつあってもいいものねhappy01
でも、SRAMの使い方には互換性がないから併用する場合は気を付けてくださいね。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »